top of page

神魂神社(かもすじんじゃ、島根県松江市大庭町)


JR松江駅から一畑バスで20分ほど南下し、風土記の丘入口のバス停で降りると、大きな看板がある。田んぼ道を10分歩き、古めかしい鳥居をくぐって階段を上ると、神魂神社の本殿がある。現存する大社造の社殿のうち最も古いといわれ、イザナミノミコトを主祭神としている。本殿内陣の天井には9つの瑞雲が描かれているほか、社務所脇に安置されている古い鉄釜は、その昔、出雲国造の祖神であるアメノホヒノミコトが高天原から降臨したときにのってきたものとされている

閲覧数:35回0件のコメント
bottom of page