top of page

佐世神社(させじんじゃ、雲南市大東町)


オロチを倒したスサノオノミコトは歓喜のあまり、稲田姫と一緒に踊った。そのとき、頭にさしていた佐世の木の葉が地面に落ちたことから、「佐世」という地名になった。境内には佐世の木などの巨木が何本もある

閲覧数:15回0件のコメント
bottom of page