top of page

須我神社(すがじんじゃ、雲南市大東町須賀)


スサノオノミコトはオロチを退治したあと、稲田姫とともに八雲山の麓を訪れた。そのとき、「われこの地に来て、我が御心すがすがし」と言ったことから須賀の地名が生まれた。スサノオが造った須我神社は「日本初の宮」とされ、「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる その八重垣を」と詠んだことから、和歌発祥の地とも伝えられている。

閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page