top of page

八本杉(はちほんすぎ、雲南市木次町)

民家の間に現れる八本杉。スサノオノミコトがオロチを倒した後、八つの頭を埋め、八本の杉を植えたとされている。長い年月の間に杉は何度も植え替えられ、今に至っている。現在の杉は明治6(1873)年に植えられたもの。鳥居をくぐると、碑と由来の説明板が設置されている

閲覧数:14回0件のコメント
bottom of page