top of page

なんで私がと言われても

更新日:2023年4月8日

「なんで、私が○○大に!?」この広告ポスターになんかイラつくという人はいないだろうか。特に関西人に。


私はマジでイラつく。


「なんで」って聞かれて、たいがいの関西人はこう言うだろう。「知らんがな!」


自分が○○大学に入学した理由さえもお前はわからんのかいな。そんならなんで受けたんやと言われておしまいだ。自分がどんな動機でその大学を選び、どんな努力をして合格したかぐらい自分で説明できなくてどうする。他人に聞かなければならないほど自分の意思がないまま合格したんかあんたは、である。


いまどき大学に行かなければまともな人生が送れないなどと思っている人間はほとんどいない。


学習塾は昔ながらの価値観を維持しないと経営が成り立たないのだろう。有名で難関の大学に行くことが人生の最高の幸せだと、いまだに言い続けたいのだ。そうでないと学習塾の存在価値がなくなるのだ。


まあ、ポスター通りに有名大学に行きたい人は行けばいい。問題は卒業してから、社会に出てからどう意欲を持って仕事をするかだ。


なんで行ったかわからない大学を出て、それでも意欲を持って社会に出られるならそれでいい。大学時代に何が自分はしたいのか見つけられるのなら、問題はない。


あの広告が誰かひとりでも幸せにしてくれるならそれでいい。












閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page